共同利用共同研究

文部科学大臣認定共同利用・共同研究拠点

京都芸術大学舞台芸術研究センター
舞台芸術作品の創造受容のための領域横断的実践的研究拠点
  • 拠点について
  • 研究会のお知らせ
  • 研究公募について
  • 研究成果
  • お問い合わせ
お問い合わせ
共同利用・共同研究拠点2020年度劇場実験型プロジェクト 公募研究Ⅰ
多和田葉子の演劇 ~連続研究会と『夜ヒカル鶴の仮面』アジア多言語版ワーク・イン・プログレス上演~

【劇場実験公開日】2020年11月上旬
【研究代表者】谷川道子(東京外国語大学・名誉教授)

【研究内容】多和田葉子は日本語とドイツ語で作品を創作する作家であり、氏の初期の戯曲作品『夜ヒカル鶴の仮面』をアジアの舞台芸術実演家とともに多言語版として制作し(演出:川口智子)、ワーク・イン・プログレスとして上演します。また、研究者・実演家が協働し、作品における身体性、多言語性、遊戯性、翻訳性、神話性などをめぐるフォーラムを行います。また、フォーラムには多和田葉子氏も登壇する予定です。

予定しておりましたワーク・イン・プログレス上演は新型コロナウィルス感染拡大の影響により2020年度の開催を中止とし、2021年度に延期となりました。
今後の情報については決まり次第、こちらのページでお知らせいたします。
次年度にどうぞご期待ください。(2020.9.7)

お問い合わせ

京都芸術大学
共同利用・共同研究拠点事務局(舞台芸術研究センター内)
〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116
Tel:075-791-9144 Fax:075-791-9438