共同利用共同研究

文部科学大臣認定共同利用・共同研究拠点

京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
舞台芸術作品の創造受容のための領域横断的実践的研究拠点
  • 拠点について
  • 研究会のお知らせ
  • 公募について
  • お問い合わせ
お問い合わせ
2019年度 劇場実験型共同研究プロジェクト公募Ⅰ
What is able-bodied?―身体表現における“健常”な体についての考察を通したダンスの恊働制作

公開実験&トーク
What is able-bodied? できる体ってなんだ?

障害のある人の体や表現を見る際に、「どう見ていいかわからない」と思ったことはないですか?障害のある人の身体表現が「障害」の枠から外れる時はいつ訪れるのでしょうか?表現において「できる体」とは何なのでしょうか?

この公開実験&トークでは、義足のダンサーである森田かずよが、3名のダンサー/表現者とともに、さまざまな方向から身体表現に取り組みます。それらの中で、“違い”を超えてどのように自分らしい身体表現を見つけていくのか、そのプロセスを来場者と共有したいと思います。一緒に過ごす時間の中で“同じ”部分も徐々に見えてくるような、そんなイベントにできればと思います。

 

出演:森田かずよ 東野祥子 武本拓也 手塚夏子*skypeでの出演

オブザーバー:
木村覚(日本女子大学/ダンス批評)
細馬宏通(早稲田大学文学学術院)
大澤寅雄((株)ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室)
倉田翠(演出家/振付家/ダンサー)

進行:田中みゆき(キュレーター/プロデューサー)

 

日時:2020年3月8日(日)15:00 - 17:30(受付開始14:30)
会場:京都芸術劇場 studio21
〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116(京都造形芸術大学内)
駅からのアクセス情報はこちら https://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/

 

入場無料(要予約・先着30名)
*手話通訳あり
以下フォームよりご予約ください。

https://bit.ly/2RrZgpo
*定員数に達しましたので、受付を終了いたしました。
*フォームにアクセスできない方は以下のお問合せ電話番号、Fax、メールアドレスに「お名前、ご連絡先、人数」をお知らせください。

お問い合わせ:京都造形芸術大学 共同利用・共同研究拠点事務局 
TEL:075-791-9144(平日10-17時)
FAX:075-791-9438
メールアドレス:kyoten@kuad.kyoto-art.ac.jp

*未就学児のご来場はご遠慮ください。

 

企画:田中みゆき
制作:小森あや、竹宮華美(舞台芸術研究センター)
照明:川島玲子
音響:西川文章
舞台監督:大田和司(舞台芸術研究センター)
会場構成:dot architects
記録:中谷利明

 
主催:
京都造形芸術大学<舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点>2019年度 共同研究プロジェクト「What is able-bodied?―身体表現における“健常”な体についての考察を通したダンスの恊働制作」研究代表 田中みゆき

出演者

森田かずよ 

「二分脊椎症・側湾症」を持って生まれ、18 歳より芝居を始める。表現の可能性を日々楽しく考えながら、義足の女優・ダンサーとして活動。「Performance For All People.CONVEY」主宰。NPO法人ピースポット・ワンフォー理事長。ヨコハマパラトリエンナーレ、SLOWMOVEMENT、庭劇団ペニノなど多数の公演に出演し、メディア出演も多数。障害のある人や市民参加のダンス公演演出、ワークショップ講師やレッスンなども行う。近年は、文化庁やブリティッシュカウンシルが主催する、障害のある人とパフォーミングアーツの可能性についてのシンポジウムなどにも登壇し、日本の障害者パフォーマーのリーダ的存在のひとりとしても注目されている。第11回北九州&アジア全国洋舞コンクールバリアフリー部門 チャレンジャー賞(1 位)受賞。


田中 みゆき(研究代表)

1980年生まれ、キュレーター/プロデューサー。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院非常勤講師。21_21 DESIGN SIGHT、山口情報芸術センター[YCAM]、日本科学未来館で展覧会やパフォーマンスなどの企画に携わった後、「障害は世界を新しく捉え直す視点」をテーマに、展覧会やパフォーマンスなどカテゴリーにとらわれないプロジェクトを企画する。近年の活動に、『義足のファッションショー』(2014年、日本科学未来館)、『国際交流基金 障害×パフォーミングアーツ特集 “dialogue without vision”』(2016年、KAAT神奈川芸術劇場)、『大いなる日常』展(2017年、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA)、『音で観るダンスのワークインプログレス』(2017年〜、KAAT神奈川芸術劇場)、映画『ナイトクルージング』(2019年公開)、『オーディオゲームセンター』(2017年〜)など。http://miyukitanaka.com/

開催2020年3月8日(日)料金無料(要予約)
時間15:00 - 17:30(受付開始14:30)座席自由席
会場京都芸術劇場 studio21主催京都造形芸術大学〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉劇場実験型公募研究Ⅰ

お問い合わせ

京都造形芸術大学
共同利用・共同研究拠点事務局(舞台芸術研究センター内)
〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116
Tel:075-791-9144 Fax:075-791-9438