共同利用共同研究

文部科学大臣認定共同利用・共同研究拠点

京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
舞台芸術作品の創造受容のための領域横断的実践的研究拠点
  • 拠点について
  • 研究会のお知らせ
  • 公募について
  • お問い合わせ
picture | SHIMIZU Toshihiro

共同利用・共同研究拠点 概要

「舞台芸術の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点」は、京都造形芸術大学・舞台芸術研究センターが母体となり、文部科学省「共同利用共同研究拠点」の認定を受けて2013年度に設置された研究拠点です。

本研究拠点は、京都造形芸術大学・舞台芸術研究センターが、2001年度以降に行ってきた研究活動と密接にリンクしてします。同研究センターは、2001-2008年度に「文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業 学術フロンティア」、2009-2013年度に「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」の助成を受け、学内の本格的な劇場施設である「京都芸術劇場」(=春秋座(大劇場)、studio21(小劇場))を活用しながら独自の研究活動を展開してきました。

本研究拠点の特色は、舞台芸術一般の学術研究において、舞台芸術作品の創造・受容の多様なプロセスを、「京都芸術劇場」を活用しながら実践的に探究している点にあります。すなわち、アーティストと研究者とが共同でプロジェクトを立ち上げ、「劇場を活用した研究」という独自の研究手法を通して、舞台芸術の創造と受容に関するさまざまなテーマに基づく研究活動を行っています。こうした研究活動は、本学のアーティストや研究者が中心となって行う《テーマ研究》と、学外のアーティストや研究者に広く公募する《公募研究》の二つのカテゴリーに基づいて実施されています。

一般に、芸術系大学における研究・教育活動のコアは、①芸術作品の創造、および、②創造のための実験や研究の二つがあります。私たちは前者を〈ファクトリー機能〉、後者を〈ラボラトリー機能〉と名付けています。舞台芸術研究センターがもっぱら前者の機能を担っており、本研究拠点は後者の機能を担っています。「劇場を活用する研究」という独自の手法を通じて、創造と研究の有機的な結びつきを目指しつつ、日本の舞台芸術研究における新たなパイオニアとなることを目的としています。

ダウンロード

2014年度アニュアルレポートvol.2 2013年度アニュアルレポートvol.1
2014年度アニュアルレポートvol.2 2014年度アニュアルレポートvol.2
2015年度アニュアルレポート vol.3 2015年度アニュアルレポート vol.3
これまでの研究成果(平成13年度~現在 ※舞台芸術研究センターの研究成果も含む)
  • ●「京都芸術劇場」を活用した実践的な研究活動
    →「春秋座」(大劇場)「studio21」(小劇場)を使った舞台作品の創造と分析
  • ●歌舞伎のできる「春秋座」の多様な活用
    →〈伝統〉と〈現代〉のクリエイティヴな「出会い」
  • ●「春秋座」「studio21」の実験的なクリエーションとその研究
    →機関誌「舞台芸術」等を通じた研究・創造成果の一般公開
これまでの研究成果(平成13年度~現在)
  • ①「劇場を活用した研究」の確立・発展
    →領域横断的で実践的な舞台芸術学を創出する
  • ②日本の演劇伝統の再検証
    →「活きた現代の芸術」としての可能性を再発見する
  • ③芸術系大学における「劇場の活用」
    →「大学の劇場」の社会的役割モデルを発信する
  • ④「創造に結びついた研究」方法の確立・発展
    →国内のすぐれた舞台芸術作品の創造・発信に貢献する




リンク先


■共同利用・共同研究拠点(Joint Usage/Research Center) 【文部科学省】


■早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点


■法政大学能楽研究所 能楽の国際・学際的研究拠点