未分類 のカテゴリーの記事

市川猿之助さん・坂東巳之助さん記者会見に潜入!

カテゴリー:未分類

02こんにちは!このすけだよ♪
10月8~11日に春秋座で開催する猿之助さんの
「松竹大歌舞伎」では、三代猿之助四十八撰の内
『獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』が
上演されるんだよ!!
これは昭和56年 に三代目市川猿之助
(現・市川猿翁)さんが復活上演した作品で、
東海道五十三次を通って日本各地を駆け巡るという
面白いお話しなんだって~。狐之助よろしくデータ
特に、岡崎の古寺での
十二単を着た化け猫の宙乗りと、
十三役早替りを今回はなんと、
猿之助さんと、花形の坂東巳之助さんによる
ダブルキャストなんだ♡♡
さっそく、ぼくも記者会見に潜入して、
お二人のお話しを伺ってきたよ。

 

 

猿之助さんコメント
01
まだまだ各地には歌舞伎を見たことがない方がたくさんいらっしゃると思います。  全国各地の皆様へ、古典だけではなく、宙乗りや早替りなどがあるこのような作品をご覧いただく機会ができ、嬉しいです。

次の世代に芸を伝えるためには、「一番元気な姿を見せなさい」というのが、伯父の猿翁からの教え。年齢的にも体力的にも最高潮の状態で巳之助さんとご一緒いたします。
スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』で巳之助さんが出てきた時に、お客様の心を掴んでいたのを見て、「華」があるな思いました。

 

 

 

巳之助さんコメント
03
初めて巡業に出たのが、19歳の時で当時亀治郎だった猿之助さんとご一緒でした。その時も大きなお役をいただき、猿之助兄さんはいつも、自身の殻を破らなければいけないようなお役を与えてくださいます。
今回のお話をいただいた時は、まさに寝耳に水、青天の霹靂でした。まさか、こういう形になろうとは微塵も思いませんでした。自分史上最高の責任を感じていますので、とにかく食らいついていきたいです。

 
二人ともかっこいいなぁ~♡♡
パワー満点、スペクタルな舞台になりそうな予感!
とっても楽しみだね♪
みなさんもぜひ、観にきてね~!!

春秋座歌舞伎舞踊公演 市川笑也さんインタビュー 後編

カテゴリー:未分類

このすけだよ☆

9月1日の『伝統芸能の今2015』はもうすぐだね!るんるん♪
今日は、前回に続いて市川笑也さんインタビューの後編☆
女形ならではの芸談に迫っていくよ!

*****

 

このすけ:ねえ、先代と現在の芸術監督、笑也さんから見て似ている所やここは違うな、と思う所はある?

 

笑也:芸風は似ています。DNAでしょうか、声もそっくりですね。
久々に「ヤマトタケル1」をやった時、猿之助さんの台詞を聞いて「え?猿翁師匠?」と思ったほど!
一方で、作品の作り方は違いますね。猿翁師匠はビジュアル的に作品をおつくりになる。若い頃は映画監督になりたかったということもあり、視覚的に「ここが堅いな」と思うと、カットしたり、動きを変えたりなさるんです。一方で、四代目は物語を大切にした作り方をなさいますね。

 

このすけ:ぼく四代目の猿之助さんのスーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者2』を観たんだ。笑也さんは、女盗賊の双葉さんをされていて、『義経千本桜』の静御前との雰囲気の違いにびっくりしちゃった!どちらも同じ笑也さんなのに……。女の人を演じ分けるのは難しいのかな?

 

emiya-syochiku
左 源九郎狐=猿之助 右 静御前=笑也/松竹大歌舞伎(撮影:桂秀也)

 

 

笑也:秘訣はね、その人が持つリズムを出すことだよ。例えば高貴な方を演じるときはワルツだけど、下町の娘になるとビートが早くなる。それぞれの生活のサイクルを見せるの。

 

このすけ:リズムなんだね!女形を演じるようになってから、変わったことはある?

 

笑也:「かわいい!」が分かるようになりました。女の子は箸置きや猫を見て「あ!かわいい!」って言うでしょう?それが分からなくて、「小さいだけじゃないか」と思っていました。笑
でも、最近は子どもや動物を見ると「かわいい♡」と思います。

 

emiya-4

 

このすけ:ぼくも女の人にはたくさん「かわいい」って言ってもらえるんだ♡
もしかして、笑也さんは“おんなごころ”も分かっちゃうの!?

 

笑也:分かる訳ないでしょ!
女性はすごく喜んでいながら、煮えたぎる思いを持っていたりする…色で例えると灰色だよね。そんな女性を演じるのは一番難しいけれど、その分楽しいね!

 

このすけ:“おんなごころ”って複雑なんだね……『藤十郎(とうじゅうろう)の恋3』みたいに、実際に女の人を間近で観察することはある?

 

笑也:それがね、あるんですよ。
スーパー歌舞伎『オグリ4』で、龍子(りゅうこ)という非常に色っぽい女の役をする際、猿翁師匠に「あなたに色気はないけどね」と言われたのを機に、銀座のクラブでリサーチをさせてもらいました。ナンバーワンと呼ばれるホステスさんは、何故色っぽいのかと。
そうしたら、このすけくん……ものすごいことが分かったんですよ。

 

このすけ:(…ゴクン)どんなこと?

 

笑也:そこのマニュアルにね「男は赤ちゃんだと思え」と書いてあるんです。触れられていると安心すると。
例えば、両側にお客様がいるとするでしょう?右手のお客様の水割りがなくなったという時は、左手の男性の膝に自分の膝をふっと当てて「あ、すみません」と言いながら水割りをつくる。
そして、左手のお客様とおはなしをする時には、右手のお客様のひざに手を置くんです。

 

このすけ:す、すごいワザだね……!笑也さんはそれを歌舞伎ではどう活かしているの?

 

笑也:つまりは距離感です。例えば、道でカップルが歩いていて、間に隙間があるとまだ付き合いはじめだと分かるでしょう?
歌舞伎で女性を演じる場合も、男を知らない女性の時は男性の目ではなく胸元をちらちらっと見るんです。胸に飛び込むときも、恥ずかしいから隙間が空く。逆に、腰から寄っていくと色っぽい女性に見えるんです。

 

emiya-5

 

このすけ:ぼくにもできるかなぁー!!
今日は沢山おはなしを聞かせてくれてありがとうございました♡
笑也さん!ぼく勉強のために、最近は落語も聞きに行ってるんだ♪お勧めの噺家さんはいる?

 

笑也:お!古典は桂歌丸師匠。新作でしたら立川志の輔師匠がお勧めですよ。志の輔さんの『親の顔がみたい』という新作落語は大爆笑!
以前、飛行機の機内で『親の顔が見たい』を聞ける時期があったんですよ。ヘッドフォンで聞いてるのに声を出して笑っちゃってね。ちょうどキャビンアテンダントさんと目があったから一緒に笑ったよ♪『踊るファックス』と『みどりの窓口』もいいよ!歌丸師匠は『真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)』ですね。

 

このすけ:わぁ!聞いてみなきゃ!!笑也さんも落語をお芝居の参考にすることはあるの?

 

笑也:それはもう!演じる時には雰囲気も持ってないといけないからね。例えば、以前『 権三(ごんざ)助十(すけじゅう)5』の長屋のおかみさんを演じた時にも、聞いてイメージの参考にしたんですよ!

 

このすけ:すごいなぁ!色んなことがお芝居のヒントになるんだね♪
とっても優しくて面白くて……ぼく、笑也さんのこともっともっとだいすきになっちゃった♡また春秋座に来てくれるの、楽しみに待ってるね!!

 

emiya-6
笑也さんにぼくのグッズをプレゼントしたよ!

 

(…その後)

 

 

このすけ:ぁ!もうそろそろ京都でもあつ〜い夏がはじまるけど、笑也さんは夏の京都ですきな所はある?

 

笑也:川床は夏の京都って感じがしていいですね。南座から「床いいよな〜〜」って思いながら見ています。お料理も、京都は出汁の味付けで塩辛くないのが良い、京都の日本食はどこに行っても美味しいよね!

 

このすけ:床か〜!ぼくもいつか床に行ってみたいな☆

 

  1. 1 ヤマトタケル…1986年初演。三代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎の第一作。2012年に四代目猿之助が襲名披露にて再演を果たす。
  2. 2 空ヲ刻ム者…2014年初演。スーパー歌舞伎Ⅱとして創られた、四代目市川猿之助と脚本家 前川知大による新作。笑也は物語の軸となる姉御肌の女盗賊「双葉」を演じた。
  3. 3 藤十郎の恋…歌舞伎の演目。名優で女形の坂田藤十郎が、自らの芸のためにファンのお梶に偽りの恋を仕掛けるという筋。
  4. 4 オグリ…1991年初演。三代目市川猿之助と梅原猛によって創作された。小栗判官の物語を題材にした現代風歌舞伎。
  5. 5 権三と助十…江戸の長屋を舞台にした歌舞伎の演目。1925年初演の岡本綺堂による新歌舞伎。

春秋座歌舞伎舞踊公演 市川笑也さんインタビュー 前編

カテゴリー:未分類

すっかり暑くなったね!みんな元気にしてるかな?
最近は鴨川で涼むのがだいすき、このすけだよ!
先月の「春秋座歌舞伎舞踊公演」で澤瀉屋(おもだかや)を代表する女形、市川笑也(いちかわえみや)1さんとおはなしすることができたんだ!
先代の芸術監督、市川猿翁(いちかわえんおう)さんとの昔話から芸談までいろ〜んなことを教えてもらったよ♪2回にわたるインタビューの前編は、春秋座の秘密や澤瀉屋に入るまでのエピソードをお届けするね!

 

*****

 

このすけ:はじめまして!ぼく、このすけです♡♡

 

笑也:笑也でございます。このすけくん、よろしくね。

 

このすけ:笑也さん、春秋座には昨年9月の『松竹大歌舞伎』に続いての出演ですね!春秋座は笑也さんの師匠、猿翁さんがこだわってつくった劇場だけど、「ここはすごい!」って思うところはありますか?

 

笑也:師匠のこだわりのひとつは照明ですね。舞台を華やかに見せる為に、光量が多くなるよう設計しています。でも、私たち俳優はとても熱くて……。
「松竹大歌舞伎」で『義経千本桜』の静御前をやらせていただいた時は、照明でかつらの中の銅板が熱くなり熱中症になってしまったんです。

 

このすけ:え〜〜舞台上で熱中症に!?ぼく、全然気がつかなかった!

 

emiya-1

 

笑也:夜の部でしたね。最後の台詞を喋っている途中で言葉がふっとなくなって……ご一緒した 高砂屋の旦那2に台詞をつけていただきました。(笑)

 

このすけ:梅玉さんもサッと助け舟を出せるなんてすごいなぁ!!
生の舞台では何が起こるか分からないんだね!
ねぇねぇ、笑也さんはどんな風にして猿翁さんの一門に入ったの?

 

笑也:きっかけですか……実は青田買いなんですよ。
私は国立劇場の歌舞伎俳優研修所の5期生なんです。研修生になって1ヶ月が経った頃、先輩の猿十郎(えんじゅうろう)猿五郎(えんごろう)を通して「卒業したら澤瀉屋に来ない?」というおはなしを頂いたんです。

 

このすけ:へぇー!でも笑也さんは子どもの頃から歌舞伎俳優になりたかったの?

 

笑也:いえいえ、そんなことは思いません。
私は人前に出るのがとても苦手だったんです。長く遡りますが、きっかけは保育園の時。『三匹の子豚』の人形をつくる授業で、おじいさんを振り分けられました。しかし、私は狼をつくりたいものだから、おじいさんをつくっているのにどんどん鼻が長くなってしまう。そうして先生に怒られたのがショックだったんでしょうね、その時から吃音症になるんです。

 

このすけ:そんなぁ……!!ぼくもおじいさんより狼がつくりたい!

 

笑也:小学校や中学校にあがっても人前で発表するのが苦手で、あまり人とは関わりたくないというタイプだったんです。
大学は、関西で友禅染をやろうと思って美大を受けたのですが、アイスホッケー部に熱中していたおかげで見事に滑りまして。アイスホッケーだけに!(笑)

 

このすけ:うまいっ!(笑)

 

笑也:その頃、東京に出た折に「国立劇場 歌舞伎俳優研修所」の募集を見て、間近で着物が見られるし、研修所に行きながら大学を受け直そうという甘い考えで入りました。すると、予習復習しないと次に進めないものすごくハードな授業でね。あららっという間に2年間が過ぎまして、師匠のお誘いもございましたので入門、という経緯なんです。

 

emiya-2

 

このすけ:ハードな2年をすごしているのに、はじめは歌舞伎俳優になりたかったわけではないんだ!?

 

笑也:そう。だから、澤瀉屋に誘われた時も「猿之助ってだれ?」って同期の研修生に聞いたくらいなんですよ。

 

このすけ:えー?!意外だなぁ!そんな入門からこれまで続けてこられて、猿翁さんに教わったことでいちばん心に残ってることはなぁに?

 

笑也:“集中力”を学ばなければいけない、ということですね。
“人間は普通、遊んでいる時に「勉強しなくちゃいけないな」と思いながら遊び、勉強している時に「遊びたいな」と思って勉強する。集中力をつける為に、その中途半端はやめなさい”と教えられました。つまり、遊ぶ時はひたすら遊び、勉強する時は全てを忘れて勉強するということです。
でもね、人間は集中しても5分しかもたない。ですから、俳優はその集中を舞台のどこで使うかが大切なんです。

 

emiya-3

 

このすけ:なるほど、集中力をコントロールしているんだね!ぼくもがんばってみる。今日の舞台、『双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)』では可憐なお組ちゃんを演じてたよね!“集中力”はどこで使ったの?

 

笑也:海老反り3ですね!やはり、難しい動きをする時に一番集中します。床も滑りますし、音にもはめなければならないので考えながら踊りました。

 

emiya-buyou
左 お組=笑也 右 法界坊の霊=猿之助(撮影:桂秀也)

 

このすけ:笑也さんの海老反りはとっても綺麗で、お客さんも盛り上がったよね!さて、次回は女形を演じるに当たっての芸談を聞いたよ♪笑也版『藤十郎の恋』とは!?お楽しみに〜

  1. 1 二代目市川笑也(いちかわ・えみや)…1959年生まれ。青森県八戸市出身。国立劇場歌舞伎俳優養成所を終了後、三代目市川猿之助の門下となる。
  2. 2 四代目中村梅玉(なかむら・ばいぎょく)…1946年生まれ。高砂屋。2002年4・5月歌舞伎座「金閣寺」の此下東吉と「伊勢音頭」の福岡貢で四代目中村梅玉を襲名。
  3. 3 海老反り…片手や両手をかざし、海老のように反る姿勢。相手の威力に圧倒される様などを様式的に表現する演技。『双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)』では、猿之助演じる亡霊の念力で笑也演じるお組が操られる場面で見せた。

春秋座歌舞伎舞踊公演 猿之助さんと舞台裏トーク♪

カテゴリー:未分類

こんにちは!このすけだよ♪

12日から3日間、猿之助さんの公演『市川猿之助 春秋座歌舞伎舞踊公演』が開催されたんだ!

お越しいただいたみなさん、ありがとうございました♪

春秋座は梅雨入りが嘘みたいに良いお天気だったよ。

公演の為にてるてる坊主をつくったかいがあったな〜!

 

舞踊公演では「独楽(こま)」と「双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)」の2つの演目が演じられたよ。

ぼく、猿之助さんに会って演目についてお話をきいてきたんだ!

 

*****

このすけ:猿之助さん、こんにちは!本公演の演目は「独楽」と「双面水照月」♪

ぼく、舞踊公演の前にちゃーんと予習したんだよ♡

「独楽」は初代猿翁さんがつくられた創作舞踊で、猿之助さんにとって縁の深い演目なんですよね!今回この演目を選ばれた理由はありますか?

 

猿之助:「独楽」は小品(しょうひん)と呼ばれる20分ほどの舞踊なんだけど、見ていて面白いし、大掛かりじゃないけど洒落ているのが良いと思ってね。

 

このすけ:軽快でテンポも良くて、ぼくも観ていて楽しい気分になっちゃった!

猿之助さんはどんな気持ちでした?

 

re_ennosuke2

 

猿之助:これまでも何度か踊っているし、内容も重いものでないから気軽に踊れました。

 

このすけ:そうなんだ♡

後半の「双面水照月」は野分姫(のわけひめ)法界坊(ほうかいぼう)の演じ分けが見どころのひとつでしたよね♪

一瞬で役が変わるってすごいなぁ…って見とれちゃった……!

ぼく、観ていて不思議に思ったんだけど、猿之助さんは演じていて気持ちも一瞬で変わっているんですか?

 

猿之助:もちろん。お芝居だから気持ちも入っているよ。踊りの場面が多いけれど、お芝居の役の延長として踊っているからね。

お客様には、お芝居としてもこの演目を楽しんで欲しいです。

 

このすけ:やっぱり型だけじゃないんだ……!!

この演目とも関係のある「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)」では、7歳の時に最年少で宙乗りしたって聞いてびっくりしたんだ!

 

猿之助:そうだよ、あの時のことは今でも覚えているけど楽しかったね。

 

このすけ:え!恐いとは思わなかったの!?

 

猿之助:うん、恐いとは思わなかったな。

今では宙乗りを沢山しているから、そんな気持ちもどこかへいってしまったけどね。もう、日常の出来事!

 

re_ennosuke3

 

 

このすけ:すごいなぁ…さすが猿之助さん♡

次の公演は9月の『伝統芸能の今』♪

チラシをみて、ギタリストの方の参加が印象的でした!

でも、「伝統」なのに、何でギターなの……?

 

猿之助:このすけ、伝統は革新だよ!

「伝統」とジャンルの異なる「現代」のものがコラボしたらどういうことができるのか、その挑戦を楽しみにしていて欲しいな。

それに、ギタリストと歌舞伎役者が一緒に舞台に立てるのも、『伝統芸能の今』だからこそできることだしね!

 

このすけ:わ〜♡楽しみで待ちきれないなぁ!

猿之助さん、沢山お話をきかせてくれてありがとう♡

また9月に会えるのを楽しみにしています♪

 

***その後……***

 

このすけ:猿之助さん…お膝に座ってもいい……?

 

猿之助:どうぞ。

 

このすけ:やった〜♡ぼく、実は雨が苦手なんだ……梅雨の京都で楽しく過ごせる方法ってあるかな?

 

猿之助:僕は、京都に来たらお寺廻りをするのが好きかな。なるべく人のいないところへ行く!

 

このすけ:お寺!?ぼく、神社は得意なんだけどな……おすすめのお寺はある?

 

猿之助:おすすめはしない!人が増えると困るから(笑)

 

このすけ:え〜〜(涙)じゃぁ、ぼくも自分でお気に入りのお寺を探してみよう♪あ、でも「双面水照月」みたいに化けた幽霊が出たらどうしよう……

 

re_ennosuke1

 

 

だいすき メンバー紹介〜☆ 後編

カテゴリー:未分類

今日も元気☆このすけだよ!

 

昨日のつづき♪「市川猿之助芸術監督プログラム」のPRをしている「このすけプロジェクト」のメンバーを紹介するね!今日も似顔絵が上手に書けたよ〜

 

 

マロン:プログラマー

re似顔絵maron

マロンは、ウェブサイトをつくってくれる、ぼくと同じ男のこ♪

「芸術監督プログラムサイト」も「このすけの部屋」も、このブログも!とっても難しい暗号を書いて、パソコンで見られるようにしてくれるんだ。魔法みたい♪

将来は、ITで子ども達の夢をいっぱいに育てるのが目標なんだって。カッコいい!

 

ぼく達の出会いは3年前のお正月。伏見稲荷神社のお賽銭箱の裏でのんびりお昼寝をしていたら、マロンに「素敵なしっぽだね!」って声をかけられたんだ〜♡

 

 

ようこちゃん:ディレクター

re似顔絵youko

ようこちゃんは、このすけプロジェクトのリーダー♪

ぼく達がちゃんと活動できるように計画を立ててくれる一番のお姉さん。去年の5月「伝統芸能の今」では、ぼくをお披露目してくれたんだ!あの時は、ぼくも緊張しちゃったな〜

 

ぼく達、よく一緒に歌舞伎を観に行くんだ♪

この間はこんぴら歌舞伎に行ったよ。ぼく、どうしても葛の葉ちゃん(女のこの狐さん♪)と会いたくて夜まで出待ちをしたんだけど、会えなくって…ようこちゃんがお饅頭で慰めてくれたんだ。

片思いってつらいよね…ふう……

 

 

今は、この4人とぼくで活動しているよ♪

もちろん、新しいメンバーも募集中☆京都造形芸術大学には素敵な学生さんがたくさんいるから、一緒にできたら楽しいだろうな〜ってよく想像してるんだ♪

明日は、このすけプロジェクト☆メンバー募集の説明会もするんだ。たくさんの学生さんが来てくれるといいな!

 

ぼく達「このすけプロジェクト」のこと、ちょっとは伝わったかな?

これからも、元気に活動していくから楽しみにしててね!

じゃあね〜☆

はじめまして

カテゴリー:未分類

みなさんはじめまして!このすけだよ!
いつも、京都芸術劇場 春秋座の芸術監督、市川猿之助さんのお手伝いをしてるんだ
春秋座では、プログラムのPRをしたり、公演のときにお客さんに会いに行ったり!みんな、僕のことを知ってくれてるのかなぁ?

 

そんな僕がはじめたこのブログ!
僕のまわりのいろんなことをみんなに紹介したいな
そうそう、今日は学生のみんなを招待して、歌舞伎の講座をするんだ!!
こっそり盗み聞きしたんだけど、みんなで「寺子屋」をみるんだって
千本桜もすきだけど、寺子屋もたまらないよね〜、すごく楽しみ!!!

 

講師は木ノ下裕一さん!
僕はゆうちゃんって呼んでるんだけど、とってもかわいがってくれるの♡
ん〜早く会いたいなぁ……
また講座の様子をレポートするから楽しみにしててね

 

じゃあ、これからこのすけブログ よろしくね!