春秋座に込められた熱い思い
☆春の特別対談

カテゴリー:このすけプロジェクト

こんにちは!このすけだよ。
あっという間にゴールデンウィークだね。みんなはどんな風に過ごしているかな?
6月の舞踊公演も待ちきれないね♪
さぁ!ぼくものんびりしてはいられない!!
みんながもっと公演を楽しめるように、今日は春のスペシャルトーク、春秋座創建の秘話をお届けするよ。

 

みんなも知っての通り、春秋座は日本で唯一の大学内に建つ本格歌舞伎劇場で、2001年に先代の徳山詳直(しょうちょく)理事長1と二代目市川猿翁さん(当時 三代目猿之助)が熱い思いでつくり上げたんだ。
(こけら)落しでは当時まだ亀治郎だった猿之助さんが『春秋三番叟(しゅんじゅうさんばそう)2を舞ったんだって!
ぼく、もっと春秋座や当時の猿之助さんのことを知りたいと思って、猿之助さんととっても仲良しな徳山豊理事長3におはなしを聞いてきたよ♪

 

  1. 1 徳山詳直(しょうちょく)理事長…1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学を創設。吉田松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。
  2. 2 三番叟…元は能の「翁」を歌舞伎化した演目。神聖な ものとして正月や杮落しなどの晴れの日に上演される。
  3. 3 徳山豊理事長…2014年7月より、父 詳直の後を継いで京都造形芸術大学の理事長に就任。

 

*****

このすけ
理事長こんにちは。ぼく、このすけです!
早速ですが、何がきっかけで春秋座はつくられたんですか?

 

徳山豊理事長
それは、先代の徳山詳直(しょうちょく)理事長が、「学生に感動する心を育てたい」という強い思いを持ち、スーパー歌舞伎など新しくも一流の表現を追求する猿翁さんに相談したことに始まります。猿翁さんは「教壇で教えることはできないけれど、歌舞伎を演じる姿を通して“感動”を伝えることはできます。」と受けてくれました。そして、舞台となる劇場をつくることになったのです。このすけ、人が感動するのはどんな舞台だと思う?

 

このすけ:う〜ん……やっぱり役者さんの思いが伝わってくる舞台かな。

 

徳山豊理事長
そうだよね。先代達も、演じる側に熱い気持ちが入ると、それが伝わって観客を感動させることができると考えたんだよ。ならば、一流の表現者たちが「この舞台に立ちたい」と本気になれる本物の劇場をつくろうと、本格歌舞伎劇場“春秋座”が誕生しました。
春秋座の舞台は、花道やすっぽん、宙乗りができる仕組み等、歌舞伎に必要な装置は全て揃っていますし、舞台の床や壁は木材を使っています。一切見せかけのない本物の劇場をつくることにこだわったのです。
一方で、このすけも知っているように、春秋座の裏側にはエレベーターも、華美な楽屋もありません。猿翁さんご自身が、役者が過ごす裏側よりも演じる空間づくりに力を注ごうと決められたのです。

 

このすけ:そうだったんだ!確かに、楽屋は大部屋で、役者さんたちはみんなで一緒に過ごしていますね。ぼく、初めて見た時びっくりしちゃった!

 

徳山豊理事長:そう、猿翁さんが「みんな一緒でいいじゃない」と仰って。感動を届ける為に本気でつくられた劇場なんだよ。

 

taidan_1

 

このすけ:猿之助さん(当時 亀治郎)は、春秋座の杮落しに出演されたと聞きました!

 

徳山豊理事長:そうです。(こけら)落しの『春秋三番叟(しゅんじゅうさんばそう)』は、いまだに忘れられないな。様々な「三番叟」を見てきたけれど、中でも、あの『春秋三番叟』は強く心に残っています。美しく、迫力があり、魂がびんびんと伝わってきました。私は猿之助さんを側で見ていて、彼が猿翁さんを尊敬し、目標にしているように感じていました。あの『春秋三番叟』は彼の猿翁さんに対する気持ちが表れていたように思います。

 

このすけ:そっかぁ……僕も観たかったなぁ…。その頃と、今の猿之助さんで変わったところはありますか?

 

徳山豊理事長:やはり表現力ではないでしょうか。彼が「市川猿之助」という名前を襲名し、澤瀉屋のトップで一門を引っ張っていく存在として責任が大きくなったことで、彼の表現力に一段と磨きがかかったと思いますね。

 

このすけ:なるほど……猿之助さんも春秋座もすごいなぁ…

 

徳山豊理事長:そうだよ。
私は理事長として、お客様はもちろん、学生にもっと「一流の表現」に触れて、刺激を受けて欲しいと思います。
私は、学生も猿之助さんも「表現者」という意味では同じ存在だと思っています。猿之助さんの表現力を通して、学生自身の感性を磨いて欲しい。芸術監督プログラムにはその力がありますから。
その為にも、このすけは、もっともっと芸術監督の思いを発信していってね!まずは健康が一番だから、しっかり食べて、しっかり寝るんだよ。

 

このすけ:わかりました!わぁ〜責任重大だ……がんばります!!!!

 

taidan_2

 

このすけ後記
理事長とおはなしをして、春秋座に込められた熱い思いを知れたよ。
ぼく感動しちゃった……学生のみんなにもっと春秋座に来てほしいな!がんばろうっと♪
そうそう、昨日は学生のみんなと春秋座ツアーをしたんだよ。すっごく楽しかったなぁ…また報告するね☆
それに6月の公演に向けてもいろいろと準備もしてるんだ〜みんな楽しみにしててね!


タグ:

コメント:

この記事にコメントする

ニックネーム・本文の内容は公開されます。
メールアドレスは公開されません。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)